Open DAT File

ファイル拡張子DATは、任意のアプリケーションによって生成される可能性のある汎用データファイルによって使用されます。 DATファイルの構造が定義されていないため、ファイルを開いてその内容を理解することはもちろん、ファイルを最初に作成したアプリケーションを特定することは非常に難しい場合があります。

DATファイルには、テキスト形式またはバイナリ形式のデータが含まれている場合があり、その内容はアプリケーションによって異なります。 DATファイルは、それを作成したアプリケーションに固有であり、ファイルを正常に読み取るために必要な独自の定義済みファイル構造を持ちます。特に、保存されているデータがバイナリ形式の場合はそうです。 DATファイルの名前や場所など、必要なアプリケーションのIDを明らかにする手がかりがいくつかあります。これらは、多くの場合、ユーザープロファイルまたはプログラムフォルダーに保存されているためです。 DATファイルはデータをプレーンテキストで保存することもできるため、テキストエディタを使用して開いたり読み取ったりすることができます。ただし、一部のDATファイルは特に大きく、バイナリデータを格納する場合があるため、これらを開くには時間がかかり、ファイルを作成したアプリケーションに関する情報がほとんどまたはまったく表示されない場合があります。

DATファイルの一般的な例はWinmail.DATです。 Microsoft Exchange Serverがリッチテキスト形式(File extension RTF)を含むメッセージを転送すると、その情報はDATファイルで電子メールに追加されます。受信者がRTFメッセージをサポートする電子メールクライアントを使用していない場合、ファイルを使用して電子メールの内容をフォーマットする代わりに、情報は単に添付ファイルとして表示されます。

DATファイルを使用する、または使用したことのあるアプリケーションの広範なリストがありますが、このファイルタイプのより一般的なユーザーには、 Microsoft VisualStudioとInternetExplorer、Nullsoft Winamp、Corel WordPerfect、Pitney BowesMapinfoなどがあります。ただし、ファイルを作成したアプリケーションがわかっている場合でも、ネイティブファイルタイプとしてDATをサポートしているアプリケーションはほとんどないため、DATファイルを開くことができるとは限りません。

WindowsOSでDATファイルを開く

  • Windowsファイルエクスプローラーで問題のDATファイルを見つけて、ダブルクリックします。
  • ファイルがアプリケーションで開かれておらず、代わりに「Windowsはファイルを開くことができません」というエラーメッセージが表示される場合は、問題のDATファイルを開くことができるアプリケーションを探してみてください。
  • DATファイルを開くことができるアプリケーションがわかっている場合は、それを実行して、アプリケーションのメインメニューに[ファイル]-> [開く]オプションがあるかどうかを確認します。
  • DATファイルを開くことができるアプリケーションがわからない場合は、好きな検索エンジンで「DAT wiki」、「DATファイルを開くアプリケーション」、または「DATファイル」クエリを検索してみてください。
  • 見つけたアプリケーションをインストールし、DATファイルを開くことができるかどうかを確認します

Open DAT file article translations

open dat fileopen dat fileopen dat fileopen dat fileopen dat fileopen dat fileopen dat file

ファイルに関する一般的な情報を、次のいずれかの記事を読むことができる拡張機能や、レジストリファイルの場合:

ダウンロードFileCure、レジストリクリーナー受賞して、 PCのエラーのない、最適なパフォーマンスで実行したまま勝利。