File Extension Database

Open WPD File

WPDファイル拡張子は、最も一般的にはCorel WordPerfectで作成された単語処理済みドキュメント、または場合によってはACTのバージョン2.0以前で作成された単語処理済みドキュメントに関連付けられています。連絡先管理ソフトウェア。 WPDファイル拡張子は、Windowsプリンタードライバー、または関連するWAVファイルに含まれる信号の強度と周波数に関する情報を含むサウンド処理ソフトウェアSAWStudioによって生成されたオーディオファイルを指す場合もあります。

WPDファイルの大部分はワード処理されたドキュメントであり、主にフォーマットされたテキストが含まれています。 Corel WordPerfectで作成されたWPDファイルは、他のアプリケーションで作成された画像、表、グラフなどの埋め込みオブジェクトを保存することもできます。 WPDファイルにはテキストのストリームが含まれており、CorelWordPerfectでリビールコードとして表示できるタグを使用してフォーマット情報を保存します。これらは、テキストまたはオブジェクトの各セクションがどのようにフォーマットされているかを一目で識別し、レイアウトまたはフォーマットの問題を診断するときに役立ちます。 DOCなどの同様のファイル形式と同様に、WPDファイルにも差し込み印刷フィールドを含めることができます。これにより、スプレッドシートやデータベースなどの外部データソースからの情報をテンプレートに入力できます。

MicrosoftWordのFile extension DOCなどの他の形式ですがフォーマットは、編集可能である必要があるワードプロセッシングドキュメントを転送するためにより頻繁に使用されます。WPDファイルは、ワードプロセッシングソフトウェアの大部分でサポートされています。 Corel WordPerfectを使用してWordで処理された情報を含むWPDファイルを開きますが、MicrosoftWordやOpenOfficeWriterなどの他のワードプロセッシングソフトウェアを使用してそれらを開いて別の形式に変換することもできます。ただし、すべてのフォーマット機能が保持されるわけではない可能性があります。 CorelWordPerfectの時点で

WPDファイルはACTで作成されていますが!はワード処理されたドキュメントであり、Sage ACT!を使用してのみ開くことができる別の独自の形式です。 SAWStudioとそれに付随する適切なFile extension WAVを使用して、オーディオ情報を含むWPDファイルを開くことができます。ファイル。

WindowsOSでWPDファイルを開く

  • Windowsファイルエクスプローラーで問題のWPDファイルを見つけて、ダブルクリックします。
  • ファイルがアプリケーションで開かれておらず、代わりに「Windowsはファイルを開くことができません」というエラーメッセージが表示される場合は、問題のWPDファイルを開くことができるアプリケーションを探してみてください。
  • WPDファイルを開くことができるアプリケーションがわかっている場合は、それを実行して、アプリケーションのメインメニューに[ファイル]-> [開く]オプションがあるかどうかを確認します。
  • WPDファイルを開くことができるアプリケーションがわからない場合は、好きな検索エンジンで「WPD wiki」、「WPDファイルを開くアプリケーション」、または「WPDファイル」クエリを検索してみてください。
  • 見つけたアプリケーションをインストールし、WPDファイルを開くことができるかどうかを確認します

Open WPD file article translations

open wpd fileopen wpd fileopen wpd fileopen wpd fileopen wpd fileopen wpd fileopen wpd file

ファイルに関する一般的な情報を、次のいずれかの記事を読むことができる拡張機能や、レジストリファイルの場合:

ダウンロードFileCure、レジストリクリーナー受賞して、 PCのエラーのない、最適なパフォーマンスで実行したまま勝利。