Open PPS File

PPSファイルは、MicrosoftPowerPointスライドショー形式で情報を保存するために使用されます。 PPSファイルは、完全なスライドショーを表し、編集できないという点で、より一般的なPPTおよびPPTX形式とは異なります。それらは、プレゼンテーションアプリケーションまたは適切なビューアを使用してのみ読み取りおよび表示できる完全なスライドショーとして開きます。ただし、ファイル拡張子をPPTに変更するだけで、ファイルは再び編集可能になります。まれですが、PPS拡張機能はPersonal ProducerStoryboardファイルを参照する場合もあります。

PPSプレゼンテーションファイルは、順番に再生される個々のスライドで構成され、テキスト、ハイパーリンク、画像、チャート、グラフ、またはビデオやオーディオクリップなどのマルチメディアオブジェクトを含めることができます。カスタマイズされたアニメーションとスライド間の遷移効果は、たとえば、一度に1つの箇条書き項目を表示するなど、興味を追加したり、プレゼンテーションの配信を強化したりするためにもよく使用されます。 PPSファイルにはタイミング情報を含めることもできるため、事前定義された時間間隔の後にスライドを変更してプレゼンテーションを自動的に実行できます。または、タイミングを柔軟にする必要がある場合、または前のスライドを再検討したい場合は、PPSプレゼンテーションスライドを手動で実行できます。 PPSファイルは自己完結型であるため、埋め込みリソースを個別に利用できるようにすることなく、プレゼンテーションを簡単に配布できます。

プレゼンテーションファイルは、ビジネスや教育で最も一般的に使用され、情報を短く簡潔に説明または提示します。従来、PPSファイルは口頭でのプレゼンテーションに付随していましたが、現在では純粋に情報を配信するために使用されることがよくあります。

最新バージョンのMicrosoftPowerPointMicrosoft PowerPointViewerを使用してPPSファイルを開くことができます。 PPSファイルは完全な下位互換性がなく、古いバージョンで開くとフォーマット情報が失われる可能性があります。また、Microsoft Office 2007の時点では、File extension XMLベースのFile extension PPSXに注意する必要があります。 formatがデフォルトです。

WindowsOSでPPSファイルを開く

  • Windowsファイルエクスプローラーで問題のPPSファイルを見つけて、ダブルクリックします。
  • ファイルがアプリケーションで開かれておらず、代わりに「Windowsはファイルを開くことができません」というエラーメッセージが表示される場合は、問題のPPSファイルを開くことができるアプリケーションを探してみてください。
  • PPSファイルを開くことができるアプリケーションがわかっている場合は、それを実行して、アプリケーションのメインメニューに[ファイル]-> [開く]オプションがあるかどうかを確認します。
  • PPSファイルを開くことができるアプリケーションがわからない場合は、好きな検索エンジンで「PPS wiki」、「PPSファイルを開くアプリケーション」、または「PPSファイル」クエリを検索してみてください。
  • 見つけたアプリケーションをインストールし、PPSファイルを開くことができるかどうかを確認します

Open PPS file article translations

open pps fileopen pps fileopen pps fileopen pps fileopen pps fileopen pps fileopen pps file

ファイルに関する一般的な情報を、次のいずれかの記事を読むことができる拡張機能や、レジストリファイルの場合:

ダウンロードFileCure、レジストリクリーナー受賞して、 PCのエラーのない、最適なパフォーマンスで実行したまま勝利。